Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る

「国税庁」を装ったフィッシング攻撃の報告が増加しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

「滞納や未払の税金がある」「e-Tax個人アカウントの登録確認」などさまざまな口実をもとに、国税庁を装ったメールを送り付け、偽サイトで個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されているもの。

メールの本文では、「期限までに対応しないと滞納処分が執行される」「差押処分に着手する」などと不安を煽り、リンクよりアクセスするよう促していた。

リンク先は国税庁が指定した納付受託者であるトヨタファイナンスが運営する正規サイト「国税クレジットカードお支払いサイト」を偽装したフィッシングサイト。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード情報などをだまし取る。

5月22日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトが公開される可能性もあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消