Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先

三井住友フィナンシャルグループのさくらケーシーエスは、兵庫県から受託している県税督促状の印刷業務において、印刷ミスの帳票を従業員が不正に持ち出し、一部をJR大阪駅のゴミ箱に捨てていたことを明らかにした。

同社によれば、2019年12月23日に作成した県税督促状で印刷ミス1067件が発生。作業を担当した派遣社員が、12月23日、25日、26日の3日にわけて無断で社外に持ち出し、861件を自宅に隠したほか、のこる206件をJR大阪駅の新聞雑誌専用のゴミ箱に廃棄していた。

問題の県税督促状は、2019年12月21日が納付期限とされる個人事業税の納税義務者に関するもので、同月20日時点で納付の確認ができていない206人の氏名や住所、税目、税額などが記載されている。

兵庫県より提供を受けている用紙の在庫数から問題が発覚。同社では同従業員が自宅に持ち帰った督促状を回収した。駅ゴミ箱へ捨てられた督促状は、1月6日までに業者によって圧縮処理され、同月13日までに溶解処理されたという。

正常に印刷された県税督促状はすでに発送済みだが、同社では、あらためて対象となる納税者に対し、兵庫県との連名で謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2020/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
議会への回答資料に個人情報、市サイトにも掲載 - 奈良市
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設