Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU

東京電機大学は、2月17日に「サイバーセキュリティシンポジウムin TDU 2020」を都内で開催する。

同シンポジウムでは、文部科学省の「私立大学研究ブランディング事業」に採択された事業「グローバルIoT時代におけるセキュアかつ高度な生体医工学拠点の形成」の成果や今後の取り組みについて発表する。

また、東京大学大学院教授の佐久間一郎氏を招聘。「ICT AI 応用医療機器の規格動向」に関する講演を予定している。

会場は同大千住キャンパス。定員は300名。参加費は無料だが、事前の申し込みが必要。イベントの詳細や申し込みは同大の案内ページから。

(Security NEXT - 2020/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
若年層向けセキュリティ啓発コンクールの受賞作品を公開 - IPA
「セキュリティプレゼンターカンファレンス」をハイブリッド開催 - IPA
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「JSAC 2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
まもなく「SECCON CTF 2022」のオンライン予選 - 賞金総額100万円
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減