Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU

東京電機大学は、2月17日に「サイバーセキュリティシンポジウムin TDU 2020」を都内で開催する。

同シンポジウムでは、文部科学省の「私立大学研究ブランディング事業」に採択された事業「グローバルIoT時代におけるセキュアかつ高度な生体医工学拠点の形成」の成果や今後の取り組みについて発表する。

また、東京大学大学院教授の佐久間一郎氏を招聘。「ICT AI 応用医療機器の規格動向」に関する講演を予定している。

会場は同大千住キャンパス。定員は300名。参加費は無料だが、事前の申し込みが必要。イベントの詳細や申し込みは同大の案内ページから。

(Security NEXT - 2020/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
コロナ対策やアフターコロナがテーマのネットシンポジウム - NICT
セキュキャン全国大会、オンライン開催に - 新型コロナ影響で