Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加

20200121_jp_002.jpg
インシデントの割合(グラフ:JPCERT/CC)

インシデントの内訳を見ると、「フィッシングサイト」が3700件で前四半期の3457件を上回る。

10月が1423件ともっとも多いが、11月の1092件、12月の1185件と毎月1000件超を観測した。2019年は前半は1000件以下で推移していたが、7月以降は1000件を超える水準で推移している。

「ウェブサイト改ざん」は292件で前四半期の236件から大幅に拡大。「DoS/DDoS攻撃」についても前四半期の1件から6件に増加している。標的型攻撃は前四半期と同数の6件だった。

一方、「スキャン」は744件で前四半期の927件を下回った。「マルウェアサイト」についても、205件となり、前四半期の269件から減少している。制御システム関連については前四半期と同様に報告がなかった。これらに分類されない「その他」のインシデントは432件だった。

20200121_jp_003.jpg
フィッシングサイトの推移(グラフ:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2020/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査