Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「楽天カード」のフィッシング - 不正ログイン通知を偽装

「楽天カード」の利用者を装ったフィッシング攻撃が確認されているとしてフィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

問題のフィッシングメールは、楽天を装い、「[楽天]ログインしましたか?」といった件名で送信されているもの。あわせて日時なども記載されているという。

メールの本文では、1月9日0時48分にログインを確認したなどと説明し、無関係のIPアドレスを記載。心当たりがない場合は第三者にログインされた可能性があるなどと不安を煽り、アカウント情報の確認などと称して偽サイトへ誘導していた。

1月9日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
「三井住友カード」装うフィッシング攻撃の報告が増加中
「UCSカード」装うフィッシング - 取り引き確認とだます手口
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導