Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊

リース契約終了後に回収されたサーバのハードディスクが、ブロードリンクの従業員によってインターネット上で売却された問題で、問題が発覚するきっかけともなった情報提供者による復元データが破棄されたことを神奈川県は明らかにした。

問題のハードディスクをオークションで落札、復旧作業によりデータを発見した情報提供者は、落札したハードディスクを同県へ返却する一方、復元されたデータを保有しており、同県では消去を求めていた。

復元されたデータを格納していたハードディスクについて、情報提供者の仲介役となっていた朝日新聞社から、物理的に破壊されたことを確認したとして、12月27日に同県へ報告があったという。

また復元されたデータについて、インターネットや外部に公開していないことや、データの複製、バックアップなど行っていないとの報告も同社よりあわせて寄せられた。

一方、同県では今回売却された18本以外のハードディスクについて、リース会社である富士通リースへデータ消去証明書の提出を要請しているが、いまだに提出を受けていないことを明らかにした。

富士通リースでは、消去を委託していたブロードリンクから作業報告書の提出を受けていないとの回答があったという。同県では引き続き提出を強く求めていくとしている。

(Security NEXT - 2019/12/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特別支援学校で就学奨励費関係書類が所在不明に - 川崎市
看護師が資料を持ち帰り一時紛失、自宅で見つかる - 神奈川県看護協会
駐車施設付置届出書含むバックアップ用USBメモリが所在不明 - 川崎市
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
市内小学校で児童指導要録抄本が所在不明に - 川崎市