Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊

リース契約終了後に回収されたサーバのハードディスクが、ブロードリンクの従業員によってインターネット上で売却された問題で、問題が発覚するきっかけともなった情報提供者による復元データが破棄されたことを神奈川県は明らかにした。

問題のハードディスクをオークションで落札、復旧作業によりデータを発見した情報提供者は、落札したハードディスクを同県へ返却する一方、復元されたデータを保有しており、同県では消去を求めていた。

復元されたデータを格納していたハードディスクについて、情報提供者の仲介役となっていた朝日新聞社から、物理的に破壊されたことを確認したとして、12月27日に同県へ報告があったという。

また復元されたデータについて、インターネットや外部に公開していないことや、データの複製、バックアップなど行っていないとの報告も同社よりあわせて寄せられた。

一方、同県では今回売却された18本以外のハードディスクについて、リース会社である富士通リースへデータ消去証明書の提出を要請しているが、いまだに提出を受けていないことを明らかにした。

富士通リースでは、消去を委託していたブロードリンクから作業報告書の提出を受けていないとの回答があったという。同県では引き続き提出を強く求めていくとしている。

(Security NEXT - 2019/12/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
小学校で児童の個人情報含むノートを紛失 - 平塚市
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市