Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ

日立ソリューションズは、組織で把握していないクラウドインフラの利用を検出したり、セキュリティ対策状況を可視化するサービスを提供開始した。

「クラウドワークロードセキュリティサービス」は、「IaaS」「PaaS」の利用状況やセキュリティ対策状況を可視化し、セキュリティガバナンスを支援するサービス。

組織として把握していないクラウドの利用を自動で検知。管理者にメールで通知するほか、利用中のサービスにおけるセキュリティ設定やOSの脆弱性対策における不備をダッシュボード上から確認できる。

ダッシュボードは業務サービス単位でアクセス権を設定でき、業務サービスや部署単位で可視化。管理する情報の機密性の高さをもとに優先度についても表示する。

年額利用料は、100リソースあたり税別で160万円。2020年3月には、クラウドセキュリティアライアンス(CSA)のセキュリティガイドラインに沿った標準的なセキュリティレベルを設定できるテンプレートを提供する予定。

(Security NEXT - 2019/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開