Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ人材の育成に向けた産官学協定 - メルカリやLINEら

メルカリ、LINE、警視庁、中央大学は、「サイバーセキュリティ人材の育成に関する産官学連携についての協定」を締結した。

今回の協定は、産官学それぞれの立場から、サイバーセキュリティ人材の育成に向けた相互協力を推進する目的で締結したもの。

メルカリとLINEは若年層の利用が多いという現状を踏まえ、学生向けのリテラシー教育に取り組むほか、サイバーセキュリティの中核を担う人材の育成を目指すという。

具体的な内容としては、教育や研究の発展に向けた相互支援や、学生や従業員、職員の相互交流、人材育成およびキャリア形成の支援、サイバーセキュリティ分野における社会協力、社会貢献などを掲げている。

(Security NEXT - 2019/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定