Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都議会議員メルアカが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に

議会局のメールを管理する事業者より、同議員のメールアカウントが不正に利用されている疑いがあり、使用を停止したとする連絡が12月5日にあり、問題が発覚した。

同議員が使用するパソコンについては、マルウェアの感染などは確認されていないという。今回の不正アクセスによる情報漏洩の影響などについては調査を進めている。

同議会では、添付ファイルを通じてマルウェアに感染するおそれがあるとして、開いた心当たりがある場合は、早急にセキュリティ対策ソフトなどを用いて対策を講じるよう注意を喚起。

また同内容のメールを受信した場合は添付ファイルを開かず、メールを削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市