Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず

NTTデータグループの日本電子計算が自治体向けに提供しているIaaSサービス「Jip-Base」で、12月4日より障害が発生している問題で、当初の計画通り復旧が進まず、復旧の目処が立っていない状況となっている。

同社では、障害の原因についてストレージのファームウェアにおける不具合とし、当初12月9日に全面復旧する予定だったが、対象となるハードウェアについて修復は行ったものの、動作確認において各種データへのアクセス処理が正しく動作しない問題が判明したという。

同社は、当初計画から大幅な見直しが必要な状態としており、現時点で全面復旧の目途は立っておらず、サービスの復旧計画の策定を急いでいる。

(Security NEXT - 2019/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン
ジャニーズ会員制サイトが復旧 - 原因は外部インフラ