Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す

NTTデータのグループ会社である日本電子計算が自治体向けに提供するIaaSサービス「Jip-Base」で12月4日より障害が発生している。ファームウェアの不具合が原因で、12月9日の全面復旧を目指している。

同社によれば、12月4日10時56分ごろから同サービスで障害が発生。同基盤上で稼働する複数自治体の業務システムに影響が生じた。

影響の範囲は自治体によって異なるが、東京都や愛知県、神奈川県、福井県、千葉県などの一部自治体で、転出入の届け出や税務処理、ウェブサイトの閲覧や更新、戸籍証明の発行、戸籍の届け出などの業務が行えない状況に陥っている。

今回の障害について、外部からのサイバー攻撃に起因するものではないと説明。情報流出は否定した。

同社では、ストレージに関連するファームウェアの不具合が原因であるとして、「Jip-Base」は12月9日の全面復旧を目指して作業を進めている。あくまでシステムが稼働する基盤の復旧身込みであり、基盤上の各システムについては別途復旧作業が必要となるため、さらに時間を要する可能性がある。

(Security NEXT - 2019/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン
ジャニーズ会員制サイトが復旧 - 原因は外部インフラ
図書館サイト停止、情報流出は否定 - 川崎市
「Jip-Base」の障害、15%でデータ復旧不可能
自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
クレカ利用情報を重複送信、デビカで二重引落としの可能性 - 京急百貨店
JALでシステム障害 - 復旧するも影響続く