Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、「IoT/AIセキュリティセミナー」を開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、12月20日に都内で「IoT/AIセキュリティセミナー」を開催する。

日常的にIoTとAIを活用する時代において、セキュリティ対策をどのように考えるべきかテーマとし、セミナーを開催するもの。

情報通信研究機構(NICT)のサイバーセキュリティ研究室で室長を務める井上大介氏をはじめ、産業界の活用事例、IoTの標準化動向など有識者や実務者による講演のほか、パネルディスカッションを予定している。

会場は、ソニーシティ大崎で定員は160人。参加費は無料。イベントの詳細や申し込みは同協会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
「Emotet」相談、前月の約7倍に - 自然な日本語と具体的な指示で信用させる文面も
勢い続くフィッシング攻撃 - ユニークURL、1日平均約270件
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開
実例をSNSで共有、被害を未然に防ぐ「#迷惑メール展」
フィッシング報告が2割減となるも高水準 - 悪用されたURLは増加