Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むファイルを誤送信 - 富山大病院

富山大学付属病院の医師が、患者の個人情報含むファイルを添付したメールを、富山県の担当者に誤って送信したことがわかった。

同大によれば、11月14日2時ごろ、医師が富山県厚生部の担当者に送信したメールにおいて、患者183人の個人情報を含むファイルを誤って添付したもの。患者の氏名や年齢、性別、カルテ番号、血液検査項目、血液検査時と検査後の状況などが含まれる。

同日12時半ごろ、同医師が誤送信に気づき、送信先の県担当者に誤送信したファイルの削除を依頼。その後県担当者から、パソコンおよび県メールサーバ上のデータを削除したと連絡を受けた。

同院では対象となる患者に対し、11月21日に説明と謝罪の書面を送付したとしている。

(Security NEXT - 2019/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと
県立高校で生徒の個人情報を誤送信 - 佐賀
非公表が条件の企業提供情報をメールに誤添付 - 国交省
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大
市報配信時に宛先リストを誤添付 - 会津若松市
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委