Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起

オンラインバンキングの不正送金被害が多発しているとして、金融庁が注意喚起を行った。

8月、9月と件数ベース、金額ベースのいずれも不正送金の被害が急増。警察庁では9月に436件、4億2600万円の被害を確認している

こうした状況を受け、金融機関を所管する金融庁においても注意喚起を行ったもので、手口としては、フィッシングやマルウェアが使われたものと見ている。

フィッシングでは、金融機関を装って偽ログインサイトへ誘導。オンラインバンキングのIDやパスワード、二要素認証におけるワンタイムパスワードなどを詐取していた。

またパソコンをマルウェアに感染させ、IDとパスワードを窃取して、不正送金を行う手口も広がっていると見て警戒を強めている。

(Security NEXT - 2019/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」