Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加

政府は、11月8日に「2019年度分野横断的演習」を実施した。過去最大となる約5000人が参加したという。

同演習は、エネルギーや交通、金融、通信、公共、物流、化学など重要インフラにおける障害対応体制の強化を目指し、2006年より毎年実施しているもので、今回で14回目。

今回は東京、大阪、福岡の3会場にくわえ、各参加組織の職場から約5000人が参加。前回の3000人体制から約2000人増と過去最大規模の実施となった。

東京オリンピック・パラリンピックの会期中を想定した演習シナリオのもと、分野横断的な情報共有体制や、重要インフラ事業者等における事業継続計画を検証した。

開会式には、オリパラ担当大臣でサイバーセキュリティ戦略本部副本部長の橋本聖子氏が出席。同イベントの成功には、万全なサイバーセキュリティ対策が必要で、関係機関の密な連携が必要不可欠とし、演習の重要性を強調した。

(Security NEXT - 2019/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付を開始 - 新コースも
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス