Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

返信用メアドを誤通知、子どもの個人情報が流出 - 岐阜県

「森のようちえん全国交流フォーラムinぎふ」の実行委員会事務局が、参加者との連絡の際、返信用のメールアドレスを誤って伝えたことで、個人情報が流出したことがわかった。

共催者である岐阜県によれば、10月13日に託児を希望する参加者48人に対し、子どもの個人情報を提出するよう求めたメールにおいて、返信用のメールアドレスを誤って記載。個人情報が無関係のメールアドレスに送信された。

流出したのは、子ども31人分の個人情報で、氏名や電話番号、性別、生年月日、血液型、身長、体重、既往歴などが含まれる。

同月26日、受信者から事務局に対し返信用メールアドレスの誤りについて指摘があり問題が判明。同日中に対象の受信者に対し、メールで謝罪した。

誤った送信先にもデータの削除を依頼するために連絡を取っているが、11月1日の時点で返信はないという。

(Security NEXT - 2019/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
ドッグウェアの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
ファイル取り違え、個人情報残る報告書をサイトで公開 - 滋賀県