Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

返信用メアドを誤通知、子どもの個人情報が流出 - 岐阜県

「森のようちえん全国交流フォーラムinぎふ」の実行委員会事務局が、参加者との連絡の際、返信用のメールアドレスを誤って伝えたことで、個人情報が流出したことがわかった。

共催者である岐阜県によれば、10月13日に託児を希望する参加者48人に対し、子どもの個人情報を提出するよう求めたメールにおいて、返信用のメールアドレスを誤って記載。個人情報が無関係のメールアドレスに送信された。

流出したのは、子ども31人分の個人情報で、氏名や電話番号、性別、生年月日、血液型、身長、体重、既往歴などが含まれる。

同月26日、受信者から事務局に対し返信用メールアドレスの誤りについて指摘があり問題が判明。同日中に対象の受信者に対し、メールで謝罪した。

誤った送信先にもデータの削除を依頼するために連絡を取っているが、11月1日の時点で返信はないという。

(Security NEXT - 2019/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス