Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸大関係者装うマルウェアメールに注意 - 返信メールを演出

神戸大学は、同大関係者を装い、マルウェアを送りつけるメールが出回っているとして注意を呼びかけている。

同大によれば、10月11日ごろから同大関係者をかたるメールが確認されているもの。メールアドレスは異なるものの、差出人を同大関係者になりすましていた。

問題のメールは「返信メール」を偽装。「Re:」からはじまるメールの件名にくわえ、英語や日本語で記載されたメールの本文には、過去に実際にやり取りされたメールの内容を記載しているケースもあるという。

マルウェアを含む「Wordファイル」が添付されており、同ファイルを開かせるため、過去にやり取りがあった知り合いからのメールを演出していると見られる。

同大では、同大関係者からメールを受信した際、送信者と面識がある場合でも慎重に対応するよう求めている。

類似した手口としては、大阪大学の関係者を装うケースも確認されている。同様の手口で別の組織になりすます可能性も高く、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2019/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
未感染者にも及ぶ「Emotet」被害 - なりすまされ、約10万件のメール
クリプトマイナーの感染攻撃に「Spring4Shell」を悪用
Linuxに権限昇格につながる脆弱性群「Nimbuspwn」
新手の攻撃?と思いきや、被害組織のPPAPシステムが「Emotet」メールも暗号化
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
開くだけで感染、「Emotet」新手口 - 「アイコン偽装」でさらに拡張子を隠蔽
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー