Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年3Qの脆弱性届け出が3割減 - 目立つウェブ関連

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア関連が4390件、ウェブサイト関連が1万660件。あわせて1万5050件となり、ウェブサイトに関する届け出が約7割を占める。

1日あたりの届け出件数は4.06件で、前四半期の4.03件から上昇した。

ソフトウェアに関する脆弱性の内訳を見ると、「ウェブアプリケーションソフト」が27件で最多。次に「情報家電(8件)」が多かった。

原因は、「ウェブアプリケーションの脆弱性」が29件でもっとも多く、次いで「その他実装上の不備」が18件だった。

20191028_ip_002.jpg
ソフトウェア製品の脆弱性に関する届け出状況(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2019/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正