Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年3Qの脆弱性届け出が3割減 - 目立つウェブ関連

2019年第3四半期に情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドラインを通じて届け出があった脆弱性は340件だった。前四半期を下回るものの、ウェブサイト関連の届け出が目立っており、その多くはクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性だった。

情報処理推進機構(IPA)が、2019年第3四半期に届け出があった脆弱性の状況を取りまとめたもの。同四半期には340件の届け出があり、前四半期の497件から157件減少した。

内訳を見ると、ソフトウェア関連の脆弱性は62件で、前四半期の55件から増加した。

一方ウェブサイト関連は278件。前々四半期の約6倍と急増した前四半期の442件から164件の減少となったものの、30件から70件で推移したそれ以前の水準と比較すると、依然として多数の届け出が寄せられている。

20191028_ip_001.jpg
脆弱性の届け出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2019/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性