Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論

JPAAWG(Japan Anti-Abuse Working Group)は、「JPAAWG 2nd General Meeting」を11月14日と15日に都内で開催する。

同グループは、ワールドワイドで活動する「M3AAWG(Messaging, Malware and Mobile Anti-Abuse Working Group)」の国内リージョン。

ISPや通信事業者、クラウド事業者などが参加し、メールやメッセージングサービスなどを利用した不正行為への具体的な対策について議論している。

同イベントでは、国内外のインターネットセキュリティに関する有識者を招聘。グローバルスケールでのセキュリティ対策や課題について議論する。

M3AAWGの活動や議論の内容を紹介する基調講演をはじめ、なりすまし対策やDMARC、ビジネスメール詐欺、DNSセキュリティなど、メール関連のセキュリティに関するセッションを予定している。

そのほか、メールセキュリティを初歩から学べる初心者向けトレーニングや、携帯通信事業者の業界団体「GSM Association」による5G時代のセキュリティに関する解説なども予定している。

会場はベルサール飯田橋。参加費は無料だが、一部プログラムは有料となる。事前登録制で詳細はイベント案内ページから。

(Security NEXT - 2019/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
初心者もOK、スマートシティ題材のハッキングコンテスト - 締切間近
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可