Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD

三井物産セキュアディレクションとビーアライブは、専門学校と高等専門学校を対象としたセキュリティコンテスト「MBSD Cybersecurity Challenges 2019」を開催する。

同イベントは、人材育成に向けて学生の啓発を目的に開催するコンテスト。2016年より開催しており、前回は全国36校から106チーム、合計365人が参加した。

第4回となる今回の課題は、「WAFでサイバー攻撃を食い止めろ!」。脆弱性が存在するウェブサイトに、WAF(Web Application Firewall)を導入し、攻撃を防ぐことが課題となっている。

セキュリティに関連する業務を疑似体験する内容で、4人以内のチームによりWAFを作成。サイト運営会社向けの説明資料を作成する。

応募締め切りは11月20日。入賞した10チームが、12月16日に行われる最終審査会に出場。最優秀賞をはじめ、上位3チームを表彰する予定。詳細はイベントページから。

(Security NEXT - 2019/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
LINE、賞金総額1万ドルのCTFイベントを開催
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
初心者もOK、スマートシティ題材のハッキングコンテスト - 締切間近
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催