Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も

同社では、問題を把握した3月27日にクレジットカードによる決済を停止。4月27日に調査報告を受け、その後の対応を協議していたが、再度ウェブサイトの改ざんが発生した。

20190920_fi_001.jpg
再度発生した改ざんの誘導先となった偽決済ページ(フィセルの発表より)

2019年5月14日から同月20日にかけて、同サイトよりふたたび偽のクレジットカード決済画面に転送される状態に陥った。「クレジットカード情報を入力しても決済は完了せず、カートが空になった」といった顧客からの連絡で被害へ気が付いたという。

調査を行ったところ、IPアドレスベースで30件が転送されており、これら顧客についても、クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードなどが詐取された可能性がある。同社は、改ざんの再発を受けて同サイトを停止した。

また3月より進めていた外部事業者による調査の過程で、過去に別の情報流出が発生していた可能性が浮上した。脆弱性を突かれ、データベースに保存されていた情報を窃取された可能性がある。

(Security NEXT - 2019/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出