Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も

対象となるのは、2014年12月12日から2019年5月20日にかけて、ウェブサイトや実店舗を利用した顧客情報最大10万8131件。

具体的には、同サイトへ会員登録したり、商品を購入した顧客、ギフト商品の送付先、東京および名古屋の実店舗で会員登録した顧客情報などで、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、職業、勤務先などが含まれる。

今回の事態を受けて、同社では6月に警察や個人情報保護委員会への報告を行った。

クレジットカード情報が流出した可能性のある顧客に対しては、書面により連絡を取る方針で、身に覚えのない請求が行われていないか確認するよう注意喚起を実施する。

(Security NEXT - 2019/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
SQLi攻撃で顧客情報流出、顧客に脅迫メールも - アパレルブランド