Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメーションPNGのデコードライブラリに脆弱性

Android向けに提供されている画像デコードライブラリ「ApngDrawable」に整数オーバーフローの脆弱性が明らかとなった。

「apng-drawable(Animated Portable Network Graphics image decoder for Android)」は、アニメーションPNG(APNG)向けのデコードライブラリ。LINEが開発を手がけており、GitHubを通じて公開されている。

「CVE-2019-6007」は整数オーバーフローの脆弱性で、悪用されると任意のコードを実行されたり、DoS攻撃を受けるおそれがある。脆弱性の判明を受け、LINEでは修正版となる「apng-drawable 1.7.0」をリリースした。

同ライブラリを利用するアプリにも影響があり、コミュニケーションアプリ「LINE」においても同ライブラリに起因する脆弱性が判明。アップデートが実施されている。

(Security NEXT - 2019/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応