Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく

今回の行政指導を受けJapanTaxiは、サービス開始時点でプレスリリースなどにより、カメラの存在や利用目的を公表しており、不適切との認識がなかったと釈明した。

また行政指導以降も機能提供は継続していたが、社内体制の整備など並行して実施し、2019年4月までに対応するスケジュールに合理性があると判断していたと説明。

今回の指導を厳粛に受け止め、改めて再発の防止に取り組むとコメントしている。

(Security NEXT - 2019/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
投資主や名刺などの個人情報が流出した可能性 - ユナイテッド・アーバン投資法人
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
玄関マット製造会社に対するランサム攻撃 - 流出VPN認証情報で侵入か
一部店舗で無人チェックインシステムがランサム被害 - H.I.SホテルHD
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ