Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく

個人情報保護委員会は、JapanTaxiに対して個人情報保護法に基づく行政指導を行った。同社は2018年11月にも行政指導を受けていたが、2019年4月まで改善策を講じていなかったという。

同社は、タクシーの車内に設置したタブレット端末に内蔵されたカメラで乗客の顔画像を取得。性別を判定して広告配信していたが、利用者に対して十分告知しておらず、2018年11月に行政指導を受けていた。

個情委は、今回再度指導に至った理由について、タクシー利用者の権利利益に対する影響の程度や、事業者における顧客目線の重要性という観点にくわえ、行政指導への対処に要した期間など組織体制上の問題点も挙げた。

4月以降は、乗車時にタブレット端末の画面上で告知を表示するよう対策を講じたほか、他改善策の方針についても同社より報告は受けており、引き続き同社の取り組みを引き続き注視していく。

(Security NEXT - 2019/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
スキンケア用ソルトのオンラインショップに不正アクセス
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
「改正個人情報の保護法」のガイドライン改正でパブコメ実施
香水通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
着物クリーニングサイトに不正アクセス - クレカ情報が流出