Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく

個人情報保護委員会は、JapanTaxiに対して個人情報保護法に基づく行政指導を行った。同社は2018年11月にも行政指導を受けていたが、2019年4月まで改善策を講じていなかったという。

同社は、タクシーの車内に設置したタブレット端末に内蔵されたカメラで乗客の顔画像を取得。性別を判定して広告配信していたが、利用者に対して十分告知しておらず、2018年11月に行政指導を受けていた。

個情委は、今回再度指導に至った理由について、タクシー利用者の権利利益に対する影響の程度や、事業者における顧客目線の重要性という観点にくわえ、行政指導への対処に要した期間など組織体制上の問題点も挙げた。

4月以降は、乗車時にタブレット端末の画面上で告知を表示するよう対策を講じたほか、他改善策の方針についても同社より報告は受けており、引き続き同社の取り組みを引き続き注視していく。

(Security NEXT - 2019/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
申込フォームで設定ミス、入力内容が閲覧可能に - シェアリングエコノミー協会
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
破産者情報掲載サイトに停止を勧告 - 個情委
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ