Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GitHubアカウントに不正アクセス、一部ソースコード流出か - Progate

プログラミング学習サービスを提供するProgateは、同社システムのソースコードを管理するGitHubの同社アカウントが不正アクセスを受け、ソースコードの一部が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、9月6日に同社システムのソースコードを管理するGitHubのアカウントに対する不正アクセスを確認したもの。ソースコードの一部を第三者によって閲覧された可能性があるという。

同社では、流出の可能性があるソースコードによって、ユーザーに不利益が生じないよう対策を講じたと説明。ユーザーの個人情報流出についても確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール
メルアカ2件に不正アクセス、スパムの踏み台に - 徳洲会関連病院
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院