Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと納税者宛メールに個人情報を誤って添付 - 松山市

愛媛県松山市は、ふるさと納税の寄付者にメールを送る際、誤って寄付者の個人情報が記載されたファイルを添付したことを明らかにした。

同市によれば、9月6日14時前にふるさと納税の使い道を寄付者に報告する1970件のメールを送信したが、寄付者1人の氏名と住所が記載されたファイルを誤って添付していた。

メール送信前に、添付されているファイルの内容を確認していなかった。同市では、メールの受信者に対して、ファイルを削除するよう依頼するメールを送信した。

(Security NEXT - 2019/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人権救済申立の勧告書に実名、マスキング漏れで - 大阪弁護士会
私学調査でメールアドレスリストを誤添付 - 大阪府
新卒採用受験者に個人情報を誤送信、未記入ファイルと取り違え - 毎日放送
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載