Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと納税者宛メールに個人情報を誤って添付 - 松山市

愛媛県松山市は、ふるさと納税の寄付者にメールを送る際、誤って寄付者の個人情報が記載されたファイルを添付したことを明らかにした。

同市によれば、9月6日14時前にふるさと納税の使い道を寄付者に報告する1970件のメールを送信したが、寄付者1人の氏名と住所が記載されたファイルを誤って添付していた。

メール送信前に、添付されているファイルの内容を確認していなかった。同市では、メールの受信者に対して、ファイルを削除するよう依頼するメールを送信した。

(Security NEXT - 2019/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
訃報通知メールに個人情報を誤添付 - 丸紅社友会
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
遺言信託契約者情報を委託先に誤送信 - JA神奈川県信連
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大