Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも

セキュリティに関しては、インラインのセキュリティ対策や脅威情報サービスの集約や利用方法、相互接続実証実験と脅威検出評価試験結果について解説するセッションが予定されている。

また「ShowNet」を構築するまでの過程と、構築、運用における独自の工夫やテクニック、ボランティアプログラムであるSTMについても紹介する予定。

会場は新宿エルタワーサンスカイルーム。料金は一般向けの場合、早期申し込みにあたる9月13日までは1万円。学生は6000円。9月14日以降はそれぞれ1万5000円、8000円となる。詳細はイベントの参加申し込みページから。

(Security NEXT - 2019/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
「CODE BLUE 2020」がオンライン開催に - 新型コロナ影響で
4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず
「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定