Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも

ShowNet NOCチームは、Interop Tokyo 2019におけるネットワーク構築プロジェクト「ShowNet」の取り組みについて解説するカンファレンス「shownet.conf_2019」を、10月18日に都内で開催する。

同カンファレンスは、6月に開催された「Interop Tokyo 2019」で取り組んだネットワーク構築プロジェクト「ShowNet」について解説するイベント。

同プロジェクトには学術界や研究機関、産業界よりトップエンジニアが参加。今後浸透することが見込まれる最新プロトコルも含め、ネットワークの「相互接続性(Interoperability)」を検証することを目的に会場のネットワークを毎年構築している。2019年は、80社2000以上の機器やサービスによってネットワークが構築された。

同カンファレンスでは、サービスチェイニングとセグメントルーティング、無線、監視、データセンター、ファシリティなどについて取り上げ、NOCチームメンバーが技術的な背景や設計、運用結果、今後の展望などをテーマに講演を行う。

(Security NEXT - 2019/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
国内最大級のCTF大会「SECCON 2021」、12月に開催 - 初心者向けCTFなど5月よりスタート
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始