Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増

法人ユーザーにおける検知状況を見ると、バンキングトロジャンの「RTM」が40%を占める。次いで組織内で感染を広げる「Emotet(15%)」が多く、「Trickster(12%)」が続いた。

一方、コンシューマーユーザーにおける検知は、認証情報を窃取し、「Zeus」としても知られる「Zbot」が26%で最多。「RTM(25%)」「Emotet(6%)」が続く。これまで「RTM」の標的は組織を中心としていたが、2019年に入り、コンシューマーに対する攻撃も増加している。

金銭や金融データを標的とするマルウェアは、1年を通じて下半期により多く検知される傾向が見られると同社は指摘。今後さらに増加する可能性があるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加