Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ暗号化製品を名称変更 - ESET

キヤノンマーケティングジャパンは、法人向けのデータ暗号化製品「ESET Endpoint Encryption」を8月21日より提供開始する。

同製品は、データ暗号化ソフトの従来製品「DESlock Plus Pro」の新版。今回の発売にともない製品名称を刷新した。

同製品はディスクやリムーバブルメディア、フォルダ単位の暗号化などに対応した暗号化製品。管理用プログラムでは、Opalに準拠した暗号化機能を備えるドライブを搭載した端末に対応する。

(Security NEXT - 2019/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック