Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%

調査対象となったIoTデバイスの7%が、「telnet」や「FTP」など平文でやりとりするプロトコルを使用していることも判明した。家庭向けのルータでは15%が利用していた。

ルータにおける認証情報の取り扱いが甘い場合、影響が他デバイスなどネットワーク全体に及ぶ可能性があるとして、警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2019/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対ウクライナDDoS攻撃の余波を観測 - JPCERT/CC
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
消費者の7割は利益に関わらず個人情報の提供に慎重 - JIPDEC調査
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……