Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件

DDoS攻撃に悪用されるおそれがある機器やサーバは、6月末の時点で、少なくとも国内に20万台弱存在するとの調査結果をA10ネットワークスが取りまとめた。

同社がDDoS攻撃の踏み台として認識しているIPアドレスについて、国内における件数を算出したもの。

具体的には、マルウェアに感染してボット化した端末と、「DNS」「NTP」「SNMP」「SSDP」などのプロトコルにおいて、リフレクション攻撃に悪用されるおそれがあるサーバについて調べ、IPアドレスの件数ベースで統計をまとめた。

6月末の時点でボットは962件。ワールドワイドの5万2953件に対して2%以下だった。

(Security NEXT - 2019/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
DDoS攻撃の観測件数が減少、一方で100Gbps超の攻撃も - IIJレポート
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
4月のDDoS攻撃は件数、最大規模ともに減少 - IIJレポート