Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件

DDoS攻撃に悪用されるおそれがある機器やサーバは、6月末の時点で、少なくとも国内に20万台弱存在するとの調査結果をA10ネットワークスが取りまとめた。

同社がDDoS攻撃の踏み台として認識しているIPアドレスについて、国内における件数を算出したもの。

具体的には、マルウェアに感染してボット化した端末と、「DNS」「NTP」「SNMP」「SSDP」などのプロトコルにおいて、リフレクション攻撃に悪用されるおそれがあるサーバについて調べ、IPアドレスの件数ベースで統計をまとめた。

6月末の時点でボットは962件。ワールドワイドの5万2953件に対して2%以下だった。

(Security NEXT - 2019/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2020年は1930億件のPWリスト攻撃を観測 - 約10億件を観測した日も
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
5月のDDoS攻撃は減少、最大規模の攻撃は1.9Gbps - IIJレポート
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
4月のDDoS攻撃、件数減少するも大規模な攻撃を観測 - IIJ調査
3月のDDoS攻撃、攻撃規模が拡大 - IIJ調査
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
DDoS攻撃の踏み台となる「NTPサーバ」の探索行為が増加