Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大

お茶の水女子大学は、教員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールの送信に悪用されたほか、送受信したメールが閲覧された可能性があることを明らかにした。

同大によれば、教員1人が利用するメールアカウントのパスワードが窃取されて不正アクセスを受けたもの。6月3日に同教員から送信した覚えのないメールの配信エラーが届くとシステム担当者へ連絡があり、調査したところ判明した。

不正アクセスが行われた5月29日13時半からアカウントを停止した6月3日18時半までの間、迷惑メール2215件が送信された。

くわえてメールボックスに保存されていた学内関係者245件、学外関係者116件のメールが閲覧された可能性がある。

(Security NEXT - 2019/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T