Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大

お茶の水女子大学は、教員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールの送信に悪用されたほか、送受信したメールが閲覧された可能性があることを明らかにした。

同大によれば、教員1人が利用するメールアカウントのパスワードが窃取されて不正アクセスを受けたもの。6月3日に同教員から送信した覚えのないメールの配信エラーが届くとシステム担当者へ連絡があり、調査したところ判明した。

不正アクセスが行われた5月29日13時半からアカウントを停止した6月3日18時半までの間、迷惑メール2215件が送信された。

くわえてメールボックスに保存されていた学内関係者245件、学外関係者116件のメールが閲覧された可能性がある。

(Security NEXT - 2019/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
千葉大が迷惑メールの踏み台に - ホスティング事業者の通知で発覚
セミナー事務局のメルアカからスパム送信、原因を調査 - 広島県
国内でも被害発生、「ColdFusion」の既知脆弱性狙う攻撃
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
Barracuda ESGの侵害、中国関与か - スパム装いゼロデイ攻撃を隠蔽