Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散

macOSを標的とする新種マルウェア「CrescentCore」が確認された。マンガの海賊版サイトなどにおいて拡散されていた。

同マルウェアを報告したIntegoによれば、「Adobe Flash Player」のインストーラーに見せかけて配布されているところを確認したという。

マンガの海賊版を配布するダウンロードサイトで発見したほか、Googleの検索結果において上位に位置するサイト経由でも拡散。難読化されたJavaScriptを含む複数サイトを経由して配布サイトへ誘導していた。

問題のサイトでは、「Adobe Flash Player」のアップデートが必要であるように見せかけるアラート画面をウェブサイト上に表示。ディスクイメージファイルを装い、閲覧者にインストールを促す。

(Security NEXT - 2019/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起