Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOSにゼロデイ攻撃しかけるマルウェア見つかる

macOSにおいて未修正の脆弱性を悪用するマルウェア「Linker」が報告された。

「macOS」において、ユーザーの許可を経てソフトウェアの起動を許可する「Gatekeeper」がパイパスされる未修正の脆弱性が判明しており、同脆弱性を悪用するマルウェアが確認されたもの。

問題の脆弱性は、ネットワーク共有上のアプリケーションが「Gatekeeper」をバイパスできるもの。zipアーカイブにシンボリックリンクを使用してオートマウント機能によりネットワーク共有をマウントさせることで、攻撃者は外部ネットワーク上へ保存されたアプリケーションを警告なしに起動させることが可能になる。

セキュリティ研究者は、2月22日にAppleへ同脆弱性を報告したものの、修正は行われず、90日が経過したとして研究者が5月24日に公表。最新版である「macOS 10.14.5」も影響を受ける。

(Security NEXT - 2019/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
Veritas製バックアップ製品に脆弱性 - 他社類似脆弱性にも注意
Apple、「macOS Big Sur 11.1」を公開 - 「Catalina」「Mojave」向けにもアップデート
Ciscoのコラボレーションツールに深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に情報漏洩のおそれ - アップデートで修正
Chromeがアップデート、セキュリティ関連で8件修正
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性