Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始

JPCERTコーディネーションセンターは、インシデントレスポンダーやアナリストなど、実務者を対象としたカンファレンス「Japan Security Analyst Conference 2020(JSAC 2020)」を2020年1月17日に都内で開催する。イベントに先立ち、講演者の募集を開始した。

同イベントは、マルウェアやフォレンジック、セキュリティオペレーションセンター、ネットワーク、インテリジェンスなどのアナリスト、インシデント対応者、セキュリティ研究者などを対象としたカンファレンスイベント。国内の技術者や実務者の技術向上、情報共有の推進など、現場で役に立つ情報の提供を目指し、2018年よりJPCERTコーディネーションセンターが開催している。今回で3回目。

2020年は、前回同様、都内の御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで1月17日に開催を予定している。定員は300人となる見込みで、参加費は無料。一般聴講者の募集は11月ごろを予定している。

同イベントの開催に先立ち、同センターでは、カンファレンスの講演者について1次募集「CFP(Call for Presentation)」を開始した。募集テーマは、インシデント調査や対応、攻撃手法、マルウェア、フォレンジック、脅威動向など。CFPの詳細については同イベントのサイトより参照することができる。

応募期限は10月4日までで、5〜7件を採択したい考え。また最新の話題をフォローアップできるよう、前回同様10月8日から12月2日にかけて2次募集も行い、1件から3件を採択する計画だ。

(Security NEXT - 2019/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意