Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市

神戸市は、住民票の交付請求に対し、誤って別世帯の住民票を交付していたことを明らかにした。

同市によれば、6月13日、西区平野連絡所において、住民から住民票写しの交付請求があった際、誤って別世帯の住民票を交付したもの。誤交付された住民票には世帯全員の記載があるが、マイナンバーの記載はなかった。

住民票の作成時、生年月日の入力を誤ったことで別人の住民票を出力。交付の際に、申請書と住民票の内容を十分に照合せず交付してしまったという。

同月18日、別人の住民票を交付されたとして住民が来所し、誤交付が発覚。同市では回収して、本来の住民票を交付した。また、別人に住民票が交付された対象者の自宅を訪問し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
労務管理サービスの個人情報流出 - 調査結果を公表
利用する労務管理クラウドで関連ファイルが流出 - イオングループ会社
ワクチン接種会場の医療従事者情報が流出、外部サービス経由で - 茨城県
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
児童相談所で児童の住民票が所在不明に - 福岡県
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
ファイルを取り違え、町民の個人情報を誤って公開 - 綾町