Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保健師が従業員の健康情報を大学の講義で開示 - イオン北海道

イオン北海道に勤務する保健師が、従業員情報を、大学の講義で許可なく使用していたことがわかった。

同社によれば、同社に勤務する保健師が、非常勤講師を務める大学の講義において、同社従業員3人の健康に関する情報を本人の承諾を得ず、5人の大学院生に漏洩したという。

問題の発覚を受け、同社は事実関係の調査し、再発防止策を講じたと説明。他従業員や顧客の個人情報については、漏洩を否定している。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
物件資料データ送信時に顧客情報を誤送信 - 近鉄不動産
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE