Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保健師が従業員の健康情報を大学の講義で開示 - イオン北海道

イオン北海道に勤務する保健師が、従業員情報を、大学の講義で許可なく使用していたことがわかった。

同社によれば、同社に勤務する保健師が、非常勤講師を務める大学の講義において、同社従業員3人の健康に関する情報を本人の承諾を得ず、5人の大学院生に漏洩したという。

問題の発覚を受け、同社は事実関係の調査し、再発防止策を講じたと説明。他従業員や顧客の個人情報については、漏洩を否定している。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
Facebook投稿写真に顧客の氏名 - 高速バス会社
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市