Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保健師が従業員の健康情報を大学の講義で開示 - イオン北海道

イオン北海道に勤務する保健師が、従業員情報を、大学の講義で許可なく使用していたことがわかった。

同社によれば、同社に勤務する保健師が、非常勤講師を務める大学の講義において、同社従業員3人の健康に関する情報を本人の承諾を得ず、5人の大学院生に漏洩したという。

問題の発覚を受け、同社は事実関係の調査し、再発防止策を講じたと説明。他従業員や顧客の個人情報については、漏洩を否定している。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
保管期間中の宿泊台帳が所在不明に - オリックス・ホテルマネジメント
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会