Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か

MTAの「Exim」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、脆弱なサーバへ次々とワームのように感染を広げる攻撃キャンペーンが展開されている。利用者は注意が必要だ。

「Exim」の開発チームは、6月5日に脆弱性「CVE-2019-10149」を修正するアップデートをリリースしたが、早くも悪用が拡大。米Cybereasonによれば、リモートよりコマンドを実行して感染を広げる攻撃が拡大しているという。

6月9日にセキュリティ研究者が攻撃を確認したことをTwitter上で言及。その後別の攻撃者も悪用を開始するなど複数の攻撃キャンペーンがすでに展開されている。

同社が捕捉した攻撃では、脆弱なサーバ上に仮想通貨を発掘するマイナーをインストール。さらにPythonで作成されたポートスキャナーを設置し、別の脆弱なサーバを探索、感染を広げていた。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性