Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か

MTAの「Exim」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、脆弱なサーバへ次々とワームのように感染を広げる攻撃キャンペーンが展開されている。利用者は注意が必要だ。

「Exim」の開発チームは、6月5日に脆弱性「CVE-2019-10149」を修正するアップデートをリリースしたが、早くも悪用が拡大。米Cybereasonによれば、リモートよりコマンドを実行して感染を広げる攻撃が拡大しているという。

6月9日にセキュリティ研究者が攻撃を確認したことをTwitter上で言及。その後別の攻撃者も悪用を開始するなど複数の攻撃キャンペーンがすでに展開されている。

同社が捕捉した攻撃では、脆弱なサーバ上に仮想通貨を発掘するマイナーをインストール。さらにPythonで作成されたポートスキャナーを設置し、別の脆弱なサーバを探索、感染を広げていた。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み