Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのリスク分析が学べるセミナー - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、「制御システムのセキュリティリスク分析ガイドセミナー(入門編)」を6月21日に都内で開催する。

同セミナーは、制御システムを保有する事業者および制御システムのインテグレーター、ベンダー、メーカーを対象にしたもので、制御システムのセキュリティリスク分析の実施方法について学習することを目指している。

2018年10月に公開した「制御システムのセキュリティリスク分析ガイド」の第2版で紹介している資産ベースのリスク分析と、事業被害ベースのリスク分析の2種類の分析手法について、具体的な実施手順を解説する。

会場は、東京都文京区の同機構内会議室。定員は40人程度で、定員となり次第、募集を終了する。受講費は5000円。イベントの詳細や申し込み方法は、同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破
産業制御システムのインシデント対応に必要な機能を解説した手引書
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
2023年4Qの「JVN iPedia」登録、前四半期の約1.6倍に
「JVN iPedia」の登録数、前四半期比3.7倍に - 前年分公開の影響で
3Qのインシデント、前期四半期比25%減 - 「サイト改ざん」が大幅減少
「制御システムセキュリティカンファレンス2024」の講演者を募集
2Qの「JVN iPedia」の登録数、前四半期比約1.2倍に
2Qのインシデント件数、前四半期比6%減 - 「スキャン」半減