Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応

次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は11件。「CVE-2019-11691」をはじめ、解放後のメモリを使用する「Use After Free」の脆弱性6件を修正したほか、型の取り違いの脆弱性「CVE-2019-9816」を解消した。

またIntelプロセッサの投機的実行において、サイドチャネル攻撃により情報漏洩が生じる脆弱性「MDS」が判明し、Appleが「macOS Mojave 10.14.5」で対応したことを受け、JavaScriptの処理に対するハイパースレッディング処理の無効化に対応。

さらにLinuxにおいてバッファオーバーフローが生じる問題などに対処したほか、重要度「中(Moderate)」の脆弱性6件や「低(Low)」の脆弱性2件を修正している。

(Security NEXT - 2019/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正