Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応

次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は11件。「CVE-2019-11691」をはじめ、解放後のメモリを使用する「Use After Free」の脆弱性6件を修正したほか、型の取り違いの脆弱性「CVE-2019-9816」を解消した。

またIntelプロセッサの投機的実行において、サイドチャネル攻撃により情報漏洩が生じる脆弱性「MDS」が判明し、Appleが「macOS Mojave 10.14.5」で対応したことを受け、JavaScriptの処理に対するハイパースレッディング処理の無効化に対応。

さらにLinuxにおいてバッファオーバーフローが生じる問題などに対処したほか、重要度「中(Moderate)」の脆弱性6件や「低(Low)」の脆弱性2件を修正している。

(Security NEXT - 2019/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か