Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割

インターネットサービス事業者の1割強がパスワードを平文で管理していることがわかった。利用者に対して多要素認証を実施している事業者は2割にとどまっている。

20190517_ap_001.jpg
パスワードをハッシュ化や暗号化して管理しているか(グラフ:フィ対協)

フィッシング対策協議会が、インターネットサービスを提供している事業者を対象に、2月19日から28日にかけて認証方法に関する調査を実施。結果の速報を公開したもの。サービス事業者の関係者308人が回答した。

提供サービスにおいて、利用者の認証方法を尋ねたところ、「IDとパスワードのみ」が77%で最多。「多要素認証」が20%、「リスクベース認証」が1%だった。

パスワードについて、ハッシュ化や暗号化などした状態で管理されていると回答した事業者は86%。平文の状態で管理している事業者は14%だった。

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」