Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生

マイクロソフトは、5月の月例のセキュリティ更新を公開し、CVEベースで79件の脆弱性を修正している。

20190515_ms_001.jpg
5月のセキュリティ更新をリリースしたMS

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にアップデートをリリースしたもの。

今回のアップデートでは、同日公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性を除き、79件の脆弱性を解消した。「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」の脆弱性に対処している。

さらに「ChakraCore」「Azure」「Office」「Team Foundation Server」「SQL Server」「NuGet」「Skype for Android」「.NET Framework」「.NET Core」「ASP.NET Core」「Visual Studio」「Azure DevOps Server」などの脆弱性を修正した。

脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」とされる脆弱性が22件、次いで深刻度が高い「重要」が57件となっている。

(Security NEXT - 2019/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper