Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増

ソフトウェアに関する脆弱性の内訳を見ると、「ウェブアプリケーションソフト」が11件でもっとも多く、「アプリケーション開発、実行環境(7件)」が続く。

脆弱性の内容は、「ウェブアプリケーションの脆弱性(17件)」が多い。またコードインジェクションや認証不備といった「その他実装上の不備」が21件にのぼる。

脆弱性が悪用された場合の影響は、「アクセス制限の回避」が10件、「なりすまし」が8件で上位となった。

同四半期に脆弱性の修正が完了し、「JVN」で公表したソフトウェア製品は20件で累計1956件。あらたに「連絡不能開発者」として公表された製品開発者名はなく、202件のままだった。

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
ドローン向けにサイバーセキュリティガイドライン - 経産省
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
LINE、賞金総額1万ドルのCTFイベントを開催