Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増

情報処理推進機構(IPA)は、2019年第1四半期における脆弱性の届け出状況を取りまとめた。122件の届け出があり、前四半期から増加した。

同四半期に届け出があった脆弱性は122件。前四半期の91件から31件増加した。

ソフトウェアに関する脆弱性は72件で、前四半期の36件から倍増。一方ウェブサイトに関する脆弱性は50件で、前四半期の55件を下回った。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア関連が4274件、ウェブサイト関連が9938件。あわせて1万4212件となっている。

ウェブサイトに関する届け出が全体の約7割を占める状況に変化はない。1日あたりの届け出件数は3.96件で、7期連続で減少している。

20190426_ip_003.jpg
脆弱性の届け出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
米政府、「PrintNightmare」で緊急指令 - 複数攻撃者が悪用
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減