Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、「重要インフラにおける情報セキュリティ確保に係る安全基準等策定指針」の改定案を公開した。5月13日までパブリックコメントを実施している。

同指針は、重要インフラ事業者が規程する「安全基準」に規定されることが望ましい項目について、情報セキュリティ対策に特化して整理、記載したもの。重要インフラ事業者が自主的な取り組みや継続的な改善を行う際に参照しやすいよう、情報セキュリティ対策項目をPDCAサイクルに沿って記載した。

同指針は、3年に1度の見直しを原則としており、今回、自然災害の多発やサイバーセキュリティ戦略の改定、重要インフラ分野への空港分野の追加といった環境の変化を踏まえて見直しを実施。改定案として取りまとめた。

改定案について意見募集を実施しており、意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」のほか、メールやファックス、郵送などで受け付ける。提出期限は5月13日17時必着。

(Security NEXT - 2019/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
NISC、「Salesforce」の設定不備について注意喚起
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省