Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起

ヘルスケアや公衆衛生セクターを標的としたサイバー攻撃の被害が拡大している。同セクターを標的とする攻撃グループ「Daixin Team」も確認されており、米当局が注意を呼びかけた。

米連邦捜査局(FBI)、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)、米保健福祉省(HHS)などが共同で注意喚起を行ったもの。

「Daixin Team」は、ヘルスケアや公衆衛生セクターを標的に活動していると見られる攻撃グループ。遅くとも2022年6月より活動している。2021年にランサムウェア作成ツール「Babuk Locker」が流出したが、同ツールのソースコードをもとに作成されたものと見られる

電子カルテや診断、画像処理、イントラネットなどのサーバなどにランサムウェアを展開。データを暗号化し、さらに個人を特定できるデータを窃取して外部に公開するなどと脅迫していた。

サイバー攻撃の起点のひとつが、リモートアクセスに用いる「VPNサーバ」。アップデートを実施しておらず、脆弱性が残存するサーバが侵入経路となったケースが確認されている。

また別のケースではフィッシング攻撃を通じてVPNの認証情報を取得。多要素認証を利用していない古いVPN機器が標的とされたという。

(Security NEXT - 2022/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開