Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す

携帯電話キャリアの緊急連絡を装ったメールによって偽サイトへ誘導し、アプリをインストールさせて個人情報などをだまし取る攻撃が確認された。

注意喚起を行ったNTTドコモによれば、「緊急お知らせ」といった件名で悪意あるメールが出回っているもの。同社からの緊急連絡を装い、「利用端末が第三者によって不正に利用された」などと不安を煽る内容だという。

問題のメールでは、「セキュリティ保護の観点からアップデートの手続きが必要」などとだまし、公式サイトに見せかけた偽サイトへ誘導。悪意あるアプリをインストールさせたり、暗証番号を詐取しようとしていた。

同社は、緊急連絡としてアプリのインストールを案内することはないと説明。こうしたメールに記載されたサイトへはアクセスしないよう呼びかけた。

同社を装った迷惑メールは、改元にともなう料金改定の通知を装ったケースや、dアカウントのパスワード初期化の連絡を装ったものなど、さまざまなパターンが確認されている。

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも